April 10, 2017

4月になってました

 エイプリルフールに向けての気の利いたことも書けず、
今に至ってしまいました。




 暖かくなったかなと思うと、そうでもない日があったりで、
桜の花は長続きしています。
Apr1

 これは仕事場の近くにある桜の古木です。手入れがしてあります。
桜というのはそんなことしたらあかんのですけど、そうなってます。
「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」という言葉があるとおりなんですが。
 ま、それはいいとして....。「木の絵を描いてみてごらん」とやると、
たいがいの人は幹を茶色にしてしまいます。そういうように思いこん
でいるところがあるんですねぇ。観察すると、茶色の幹を持つ木なん
てのはそんなにありません。たいがいは灰色です。桜では若木なら
明るい灰色です。ここの絵にあるように古木の桜なら幹は黒くなって
きます。花の明るさと幹の黒さのコントラスト、桜の古木はこれがいい
んですねぇ。なんとも言えない情緒や重厚感を出してくれます。花札に
出てくる桜もこんな木ですね。花見をするならこういう木に限ります。




jr3eoi at 18:13│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字